読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆log

毎日ごきげんな人生を送りたい!

ひいじいからの毎年恒例クリスマスプレゼントは絵本

スポンサーリンク

長女が0歳の頃から、私の祖父が毎年クリスマスプレゼントに絵本を10冊前後贈ってくれます。

 

0~2歳の頃は、絵本のパンフレットに載っているそれぞれの対象年齢のものを祖父がピックアップして贈ってくれていたんですが、3歳頃から私が全冊選んで(娘とも相談しつつ)リクエストしています。

 

今年は夏頃に新聞で知育系の絵本特集が大きくされていた時に既に一度、これも10冊近く?買ってもらってた(なんというボーナス!)んですが、クリスマスにもいつも通り買ってくれました・・じいちゃん太っ腹すぎる。

 

今回は2016年のクリスマスプレゼントにもらった絵本を紹介したいと思います。

 

 

まずは、娘がここ二年くらいどハマりしているおしりたんてい。

児童書サイズのものから入ったんですが、今回は絵本サイズのシリーズ一作目をお願いしてみました。期待通り、この本を一番読み返してくれてるかも。

おしりたんてい (単行本)

おしりたんてい (単行本)

 

 

 

次は、娘のリクエストのかいけつゾロリシリーズ。娘が初めて読んだゾロリシリーズの本で、その時は図書館で借りて読んだんですが、忘れられず大好きなようなのでリクエスト。

 

 

これも娘リクエスト。これも図書館で借りてお気に入りになったもの。

鏡のついた仕掛け絵本で、大人も見ていて楽しいです。

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)

 

 

 

 私も大好きだった、エルマーのぼうけん。(私リクエスト)

でも文字数が結構多いので、年中の娘にはまだ少し早かったかも?まだ一度も開いていない様子。私が少しずつ読んであげようかな。

買った本で、まだほとんど読んでない本て実は他にもあるんですけど、あまりこちらから読め読め言わないことにしています。時期が来ればきっと読むと思うんです!ていうか時期が来れば今までも自然と興味持つようになっていたので。

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者: ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべしげお,子どもの本研究会
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1963/07/15
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 3人 クリック: 48回
  • この商品を含むブログ (141件) を見る
 

 

これも私のリクエストですが、これも図書館で借りてハマった本です。

シュールで面白い!笑える!

うどんのうーやん

うどんのうーやん

 

 

ちなみにこの本を読むきっかけになったのがこちら。幼稚園で借りてきました。

面白くて、岡田よしたかさんの作品を検索して何冊も借りまくりましたw 

ちくわのわーさん

ちくわのわーさん

 

 

 

これは、祖父が参考にとくれた絵本リストの中から選んだ本。

なぞなぞの答えを絵の中から探す、という本です。絵が楽しくて見入ってしまいます。 

なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)

なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)

 

 

これもリストの中から。新聞でも各紙で取り上げられたらしい、谷川俊太郎×tupera tupera(絵)のコラボでおしゃれな雰囲気の一冊。

「これはのみのぴこ」と同じ、文章がどんどん長くなっていくシリーズです。(のみのぴこは、娘が2歳の時に買って、当時まだひらがなが読めないのに暗記していました。尚、今は全然覚えていない・・)ブックカバーが滑りにくい素材になっていて良い!

 

これはすいへいせん

これはすいへいせん

 

 

これはのみのぴこ

これはのみのぴこ

 

 

 

私が昔読んでたシリーズ。

かさがお気に入りすぎて雨が降っても刺さないおじさんのお話ですw

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

 

 

 

これは、リクエストした覚えが実はないんですが・・確かリストには載っていました。

ダイナミックな絵で、ちょっとこわいけど面白そうな一冊。文字数が結構多いです。

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし

 

 

土壇場で追加した一冊。急いで選んだけど、これが結構ヒットで娘もおしりたんていの次に気に入ってくれてる♡ 大好きなかがくいひろしさんの作品です。 

おもちのきもち (講談社の創作絵本)

おもちのきもち (講談社の創作絵本)

 

 

 

絵本は私が努力した甲斐あって?、今娘は本当に本が大好き。

私が絵本に求めているのはファンタジーの世界で、お話から色々想像を膨らませて空想して欲しいなっていう思いがあるので、教訓系の作品はあまり好んで触れないです。

これからもたくさんの本を読んで欲しいです。

 

おじいちゃん、私にも本買ってくれないかなw