読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆log

毎日ごきげんな人生を送りたい!

人のために行動できるようになりたい。

つぶやき 子育て 自分と向き合う
スポンサーリンク

f:id:mamedaifukue:20161025210117j:image

 

最近5歳の娘が、私や夫が出したゴミをよく捨ててくれます。

一緒におやつを食べていて出たゴミ、お風呂に入る前に新しい石けんをおろした時に出たゴミ、次女の使用済みオムツ、、などなど。

あと先日は、主人が消し忘れたトイレの電気をそっと消し、主人が閉め切ってなかったトイレの扉をそっと閉めてくれていました。(主人!おい!)誰も見ていなくて、私がたまたま通りかかった時に目撃して気付いたんです。

 

ゴミを捨てるときは、何も言わずに捨ててくれることもあるし、「これ捨ててあげる!」と言って捨てることもあります。でも文末に「(偉い?褒めて!)」みたいな雰囲気が全く含まれていないんです。私も褒めると言うよりはほとんどいつも「ありがとう!!助かる!!」ということしか言ってないんですが。たまに「偉すぎる〜!」とかは言ってると思います。

 

娘はたぶん、「お母さんに褒められるようなことをした!」ではなく「相手に感謝された!嬉しい!」という気持ちがベースにあって、「ありがとう」と言われること自体にある種ハマって行動してるんじゃないかな、というふうに見えます。

 

すごすぎ。

 

こちらが感謝の気持ちを伝えると、ものすごく嬉しそうな顔をするんです。そうやって感謝されることによって自分に自信がついていってるんだろうなぁ。

 

私はこれができないんですよね。。

主人や子どもが脱ぎ捨てた服は自分たちで洗濯機に持っていくまで置いておくし、主人が飲み終わったペットボトルも、自分で片づけるまで出しっ放しです。。

 

娘の方がよっぽど出来た人だな、、と思わざるを得ない。これは完全に、主人の性質なんです。人のために尽くすんですけど、やってあげた感が全くないし、本人もそう思ってない。

 

自分のためばかりでなく、人のために、その人を思って行動できたら人生変わるんだろうなっていうのは絶対そうだと思うので、私もちょっとずつ頑張ります!目指せ内助の功!自分に自信がつく経験を積もう!

 

子育ては親(自分)育てですね、本当に!!

娘の性格が私でなく夫似なので、学ぶこと、気付かされることがたくさんあります。